[アフリカ・ツメガエルのオタマジャクシの発達における間欠弱磁界の亜致死的影響] med./bio.

Sublethal effect of a weak intermittent magnetic field on the development of Xenopus laevis (Daudin) tadpoles.

掲載誌: Int J Biometeorol 2003: 1-17

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文