研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[超低周波磁界への職業ばく露と心臓血管疾患による死亡] epidem.

Occupational exposure to extremely low frequency magnetic fields and mortality from cardiovascular disease.

掲載誌: Am J Epidemiol 2003; 158 (6): 534-542

この研究は、超低周波(ELF)磁界への職業的ばく露心臓血管疾患による死亡率との関連性を調べた。調査は、スウェーデン双子登録(Swedish Twin Registry)の27,790人を対象とした。ELF磁界へのばく露は、1967年または1973年に報告された職業を、職業ばく露マトリックスに結び付けることで評価した。1996年までのばく露レベル(4段階)について、死因別死亡率との関連、各死因への寄与率を検討した。また、心臓血管疾患リスク因子を調整して、Cox回帰により相対リスクを推定した。さらに、ELF磁界ばく露(> 0.2 μT)と急性心筋梗塞(AMI)に対する遺伝的感受性の交互作用を評価する相乗効果指標を算出した。その結果、不整脈関連の死亡、AMI以外の虚血性心疾患、およびアテローム性動脈硬化症は、ELF磁界との関連性を示さなかった;最高ばく露グループでのAMIリスクのわずかな上昇(相対リスク= 1.3、95%信頼区間:0.9、1.9)およびばく露反応関係の示唆が得られた(p = 0.02);一卵性双生児における相乗効果指数2.7(95%信頼区間:1.1、6.6)は、AMIの遺伝的感受性を持ち、かつELF磁界ばく露を受けた人において、AMIのリスクが増強されたことを示す、と報告している。

研究の目的(著者による)

スウェーデンの双子の集団において、超低周波(ELF)磁界への職業ばく露心臓血管疾患による死亡との関連を調査した。

詳細情報

1967年または1973年に報告された職業を、職業‐ばく露マトリクスとリンクさせることで、ばく露を評価した。超低周波磁界への4つのレベルのばく露を、1996年を通じた原因別死亡率と関連付けた。本研究の更なる狙いは、心臓血管疾患への遺伝的感受性がばく露と疾病との関連を変化させるかどうかを調査することであった。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (相対リスク(RR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 低い磁界ばく露: < 0.10 µT
集団 2 中磁界ばく露: 0.10 - 0.19 µT
集団 3 高い磁界ばく露: 0.20 - 0.29 µT
集団 4 非常に高い磁界ばく露: ≥ 0.30 µT
参照集団 5 遺伝的感受性なし&磁界ばく露 < 0.20 µT
集団 6 遺伝的感受性なし&磁界ばく露 ≥ 0.20 µT
集団 7 遺伝的感受性&磁界ばく露 < 0.20 µT
集団 8 遺伝的感受性&磁界ばく露 ≥ 0.20 µT

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 27,790
その他:

フォローアップ:613133人‐年

統計学的分析方法: ( 調整: )

結論(著者による)

ばく露群全体では、心臓血管疾患による死亡率の全体的な増加はなかった。この疾患への遺伝的感受性がない場合、0.20µT未満の磁界についての小さな影響が見られ、超低周波磁界がない場合、遺伝的感受性についての強い影響が認められた。これら2つの要因が共にある場合、最も強いリスク上昇が認められ(RR 2.68、CI 1.09-6.58)、特に一卵性双生児において相乗効果が示された。

研究の限界(著者による)

ばく露ばく露期間を考慮せずにアンケートで評価した。ばく露評価は個人の測定をせずに職業‐ばく露マトリクスに基づいていた。遺伝的感受性及びばく露の分析は少ない数に基づいていた。

研究助成

関連論文