研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの造血幹細胞のコロニー形成能に対するマイクロ波の影響] med./bio.

Effects of microwaves on the colony-forming capacity of haemopoietic stem cells in mice.

掲載誌: Acta Oncol 1987; 26 (3): 233-236

この研究は、メスの(CBA×C57B1)F1マウスの大腿骨から採取した骨髄細胞の懸濁液に、導波管システムを用いて2450 MHzの連続波マイクロ波ばく露を与え、骨髄細胞への影響を調べた。マイクロ波ばく露中に、懸濁液の温度は20°Cから45°Cに上昇した。この20°Cから45°Cへの移行の間、一定の間隔で、造血幹細胞の数(CFUs)を脾臓外コロニー法によって測定した。対照用の骨髄細胞懸濁液は、水槽を用いてそれぞれの温度に保たれた。その結果、対照では、水槽の温度によるCFUへの有意な影響はなかった;マイクロ波ばく露の場合、脾臓コロニーの数は37 °Cを最下点として上昇し、41 ℃を超えると減少した;コロニー数の増加は、CFUsにおける播種率増加および増殖活性増加の両方に関連したが、コロニー数の減少は、マイクロ波によるCFUの熱死滅にも影響された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz (2.45 GHz) microwave irradiation on the colony-forming capacity of haemopoietic stem cells in mice.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 20 s

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 20 s
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 bone marrow suspension (10 ml volume) placed in a perspex flask at the mouth of the wave duct
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 240 mW/cm² - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The colony forming ability of microwave irradiated bone marrow cells was elevated in a temperature dependend matter. Furthermore the incorporation of Idoxuridin into the spleens of bone marrow cell recipients was stimulated.

研究の種別:

研究助成

関連論文