研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[白血球‐内皮相互作用に対するイン・ビボでの低周波電磁界の急性影響] med./bio.

Acute effects of low-frequency electromagnetic fields on leukocyte-endothelial interactions in vivo.

掲載誌: In Vivo 2004; 18 (2): 125-132

研究目的(著者による)

微小循環に対する超低周波電磁界の影響を明らかにするため、超低周波電磁界ばく露によって生じる白血球内皮相互作用に対する急性影響を、意識のあるマウスで調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 30 min
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: 30 min
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 electromagnet consisting of a C-shaped steel bar with four blocks of exposure coils; a non metallic dorsal skinfold chamber was implanted in the animal; animals placed in an acrylic resin tube of 26 mm (inner diameter) which was fixed onto a non metallic microscope stage and then placed within the electromagnet
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3 mT unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT unspecified 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 30 min
Additional information Exposure and sham exposure groups consisted of 10 to 11 animals each.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 30 mT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露後、小静脈の中心での流れの自由流動性白血球平均速度には明確な変化は認められなかった。但し、磁束密度30mTでは、粘着性の白血球の数がばく露後に有意に増加した;3mT及び10mTばく露マウス、または偽ばく露対照では、ばく露の前後での比較で、粘着性の細胞の数に有意差は認められなかった。

これらのデータは、高い磁束密度超低周波電磁界には、白血球内皮相互作用への影響があることを示した。この結果は、この現象にはこの実験条件下では10-30mTの範囲に閾値レベルがあることを示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文