研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトリンパ球でのガンマ線誘発染色体損傷の超低周波電磁界にばく露による修復] med./bio.

The repair of gamma-ray-induced chromosomal damage in human lymphocytes after exposure to extremely low frequency electromagnetic fields.

掲載誌: Cytogenet Genome Res 2004; 104 (1-4): 188-192

この研究は、G(0)期のヒト血液リンパ球に2.0 Gyのガンマ線照射し、その後、磁界ばく露下で有糸分裂期の中期まで培養し、磁界ばく露の影響を調べた。ばく露した磁界は、周波数50 Hzで、磁束密度は0.23、0.47、または0.7 mTであった。その結果、擬似ばく露群と磁界ばく露群の間に、ガンマ線誘導染色体異常の頻度の差はなかった;以前に、同様の磁界ばく露ガンマ線誘導のHPRT変異の頻度を増加させると報告され、磁界ばく露遺伝子傷害の修復の正確さを変化させることが示唆されたが、今回の染色体異常アッセイでは、このことは確認されなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

確立された突然変異原によって生じたDNA損傷の修復(DNA修復を参照)の忠実度を、電界または磁界が何らかの方法で低下させる可能性を調べること。

詳細情報

ガンマ線照射によってヒトリンパ球に生じた染色体異常のイン・ビトロでの分析法を用いた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 12 h
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 12 h
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 12 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 12 h
Additional information Cells were irradiated with 2.0 Gy gamma rays.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • two solenoid coils, each contained in a mu-metal drum.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information During each run each coil was loaded with six replicate cultures previously irradiated with gamma rays and two replicates with unirradiated cells. In addition four replicate cultures of gamma irradiated cells were setup under identical conditions but retained at the NRPB laboratory and incubated in parallel.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 230 µT unspecified 指定なし - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 12 h
Additional information Cells were irradiated with 2.0 Gy gamma rays.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 470 µT unspecified 指定なし - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 12 h
Additional information Cells were irradiated with 2.0 Gy gamma rays.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 700 µT unspecified 指定なし - -

Reference articles

  • Wolff H et al. (1999): [極低周波磁界に哺乳類細胞をばく露するための装置の設計、組立ておよび校正]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

電磁界内に保持した細胞には、シャムコイル内に保持した複製と比較して、ガンマ線によって生じた染色体異常の頻度に差は認められなかった。ゆえに、これらの界の存在は、ガンマ線によて生じた傷の修復を直接または間接的に損なわない。

研究の種別:

研究助成

関連論文