研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[インビトロでのマイクロ波照射後におけるリンパ球のリンパ芽球様細胞への転換] med./bio.

Lymphoblastoid transformation of lymphocytes in vitro after microwave irradiation.

掲載誌: Nature 1967; 214 (83): 102-103

この研究は、リンパ球を用いて、マイクロ波有糸分裂に与える影響を調べた。無響室内で、培養リンパ球細胞に、ホーンアンテナを用いて3 GHzのマイクロ波ばく露を2通りのプロトコルで与えた。1つは、70 W /m²を1日4時間、4日または5日間継続、もう1つは、200 W /m²を1日15分間、3日または5日間継続である。ばく露後に、リンパ球リンパ芽球形質転換有糸分裂を評価した。その結果、3日間のばく露後には、電力密度70 W /m²の場合、形質転換細胞の割合が対照培養の2倍となった;200 W /m²の場合にも、同様のデータが得られた他、マクロファージの割合のわずかな増加が見られ、一部のサンプルでは、散発的な有糸分裂が観察された;5日間のばく露後には、どちらの電力密度でも同様の変化が見られ、形質転換細胞の割合は、対照培養の5倍であり、マクロファージの割合も高く、有糸分裂の2〜3 %であった;形質転換細胞においては、細胞核の断片化も見られた、と報告している。実験において温度制御は十分に行われたので、これらの知見はマイクロ波そのもの影響に起因すると著者は考察している。また、論文冒頭において、「インビトロでさまざまな物質を添加して増殖させたリンパ球が、芽球様(リンパ芽球形質転換)またはマクロファージ様(リンパ系マクロファージ)の細胞に形質転換することは十分に確立されている。添加化合物には非特異的と特異的なものに分けられ、前者にはフィトヘマグルチニン(PHA)およびストレプトリジンAなど、後者にはツベルクリンやジフテリアのトキソイドなどがある。また、形質転換は同種細胞と一緒にインキュベートした場合にも生じる可能性がある」、と解説している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the influence of microwaves on mitosis. Lymphoblastoid transformation of lymphocytes was found by chance.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 4 h daily for 3 days
ばく露2: 3 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 4 h daily for 5 days
ばく露3: 3 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min daily for 3 days
ばく露4: 3 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min daily for 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 4 h daily for 3 days
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The test tubes containing the cultures were placed in a Plexiglass thermostat maintained at 37°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 70 W/m² unspecified 指定なし - -

ばく露2

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 4 h daily for 5 days
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 70 W/m² unspecified 指定なし - -

ばく露3

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min daily for 3 days
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² unspecified 指定なし - -

ばく露4

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min daily for 5 days
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² unspecified 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

After incubation for 3 days in cultures exposed at a power density of 7 mW/cm² the percentage of transformed cells was twice as high as in control cultures. Similar data were obtained in cultures exposed at a power density of 20 mW/cm². After incubation of 3 days a slight increase in the percentage of macrophages was noted. In some cases sporadic mitoses were observed. After incubation for 5 days similar changes were revealed at both power densities. The percentage of transformed lymphocytes was five times as high as that in control cultures. The percentage of macrophages was also high, and there was 2-3% of mitoses. Fragmented nuclei could be found among the transformed cells.
The data of control experiments showed that the effetcs can be attributed to the effect of microwave irradiation and not to any effect of heating.

研究の種別:

研究助成

関連論文