[765 kV, 60 Hz送電線のミツバチに対する生物影響:ストレスに対する指標としてのリンパ球変化] med./bio.

Biological effects of a 765-kV, 60-Hz transmission line on honey bees (Apis mellifera L.): hemolymph as a possible stress indicator.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1984; 5 (3): 305-314

60Hz, 765kV送電線下でストレスに対する指標としてミツバチの末梢血中の血球数と血リンパの蛋白電気泳動パターンを調べた.55, 95μAの誘導電流下では血球数変化はなく,老化に伴う血球数減少はどのばく露時でも同じであった.又血リンパの蛋白電気泳動像も変化はない.

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露