[細胞膜近辺でのRF電磁界の影響の理論的研究] tech./dosim.

A theoretical study of the effects of RF fields in the vicinity of membranes.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2005; 26 (2): 118-124

この論文は、細胞液と細胞膜との境界での無線周波RF電磁界勾配に伴い発生する力を計算した。その結果、その力は、熱エネルギーの一部が妥当にエネルギーとして粒子に与えられた場合に粒子がランダム拡散運動するのと同程度の大きさで、粒子の運動に影響を与える大きさをもつ;誘導されたダイポールモーメントがRFの交番する電磁界に追随すると仮定すれば、勾配により生じた力は一定の方向を向くため、粒子に追加されるエネルギーが非常に小さい場合でも、粒子分布の変化が起きることになる;印加したRF電磁界が45 V/mの場合、誘導されたダイポールモーメントにより獲得されるエネルギーはマイクロ電子ボルトのオーダーと予測され、平均的熱エネルギーに比べ小さい、と報告している。