[ヒト被験者での60 Hz磁界による抹消神経刺激の閾値] tech./dosim.

Thresholds for 60 Hz magnetic field stimulation of peripheral nerves in human subjects.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2005; 26 (6): 462-468

本研究は、50/60Hzでの全身磁界ばく露に関連する末梢神経刺激(PNS)閾値についての不確実性の幅を狭めることを目的に行われた。これには、50/60Hzパルス磁界勾配磁界ばく露されたヒト被験者において測定されたPNS閾値を、同じばく露システムによって体の詳細な解剖学的モデルに引き起こされた電界の計算値と組み合わせることが含まれた。電力周波数(50/60Hz)でのPNS閾値は、広範囲のパルス幅(70μsから1msまで)、パルス列の長さ(数10ms)、および磁界への身体の大部分ばく露の理由によって、これらのデータから予測され得る。基電流電界の計算と共にこれらのデータは、2つの解剖学的身体モデルの1%(E1%)を超過し、身体冠側の均一60Hz磁界ばく露に対して、47.9±4.4mTのメジアンPNS検知閾値という結果になる。母集団の最も敏感な1%に対する閾値は、約27.8mTである。これらの値は、矢状かつ垂直配向をもつ磁界あるいは不均一ばく露によって発生したPNS閾値よりも低い。

ばく露

関連論文