研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[家庭での磁界と高齢女性の乳がん] epidem.

Household electromagnetic fields and breast cancer in elderly women.

掲載誌: In Vivo 2005; 19 (3): 563-566

この研究は、イスラエルのある医療センターの26年間以上の資料に基づく1290の臨床症例記録(60歳以上の女性患者)において、家庭の低周波電磁界EMF)の利用と乳がん発生率の関連を調べた。資料は、第1群(1978年から1990年までに記録された乳がん患者)と第2群(1991年から2003年までに記録された乳がん患者)に分けられた。第1群の患者は、EMF発生機器をほとんど使用しなかった。第2群の患者は、パーソナルコンピューター(1日3時間以上)、携帯電話テレビ、エアコン、およびEMFを生成するその他の家電製品のはるかに頻繁な使用を特徴としている。200,527例の生検および手術サンプルが分析された。乳がんは2824人の女性(1.4 %)で発見され、そのうち1290例(45.6 %)は高齢女性での発見であった。腫瘍のほとんど(1254例(97.2%))は上皮新生物であった。1290例は、第1群に585人、第2群に705人が属した。これらの患者の症例記録から、第1群の114人の高齢女性(19.5%)と第2群の360人(51.1%)が、1日少なくとも3時間、規則的にEMF(主にパソコンから)へのばく露があった。第2群の高齢女性の乳がん形成に対して、低周波電磁界の統計的に有意な影響があった、と報告している。

ばく露

ばく露の詳細情報なし

研究の目的(著者による)

家庭での低周波電磁界の割合と乳がん発生率との関連を、60歳以上の女性1290人の臨床記録で26年以上の期間にわたって調査した。

詳細情報

患者を、1978-1999年に観察した集合1、及び1991-2003年に観察した集合2に分割した。集合2は集合1と比較して、パソコン(1日に3時間超)、携帯電話、TVセット、エアコン及びその他の電磁界を発する家庭用電気製品の広範な使用で特徴付けられる。ばく露及びばく露評価についての詳細な情報は示されなかった。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 1978-1990年に観察下にあった患者(集合1)、電磁界発生機器の使用ほとんどなし
集団 2 1978-1990年に観察下にあった患者(集合1)、少なくとも1日に3時間、電磁界に定常的にばく露(主にパソコンから)
参照集団 3 1991-2003年に観察下にあった患者(集合2)、電磁界発生機器の使用ほとんどなし
集団 4 1991-2003年に観察下にあった患者(集合2)、少なくとも1日に3時間、電磁界に定常的にばく露(主にパソコンから)

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 200,527
統計学的分析方法:

結論(著者による)

200527の生検及び手術サンプルを分析した。2824人の女性(1.4%)に乳がんが観察され、そのうち1290人(45.6%)が高齢女性において認められた。腫瘍の大半(97.2%)は上皮新生物であった。集合1では585人の高齢女性、集合2では705人の女性に乳がんが認められた。これらの患者の症例記録は、集合1の114人の高齢女性(19.5%)及び集合2の360人(51.1%)の高齢女性が、電磁界(大半がパソコンから)に1日に少なくとも3時間、定常的にばく露されていたことを示していた。
グループ2の高齢女性には、低周波電磁界乳がんの形成に及ぼす統計的に有意な影響力があった。

研究助成