[50 Hz磁界ばく露時の神経生理学的なパラメータの実時間記録] tech./dosim.

Real-time recording of neuropsychophysiological parameters during 50 Hz magnetic field exposure.

掲載誌: Australas Phys Eng Sci Med 2005; 28 (1): 43-50

ヒトの行動における50Hz磁界の職業レベルでの影響の可能性を評価するために、MFばく露後よりもばく露中に行動をモニターすることが望まれる。前回の研究で心拍数認知行動において汚染は重要でないことを報告した。今回の研究では、電気生理学的測定を含むことで、影響の大きさと、影響の大きさを局在化が更に大きくなる。MFばく露によるEEG信号の汚染は、この種の研究では問題となる。これまでの研究者はこの種の測定で、磁界ばく露と同時に見られる困難さを報告していない。個々ではそれに打ち勝つような方法をとり、全体として、ここでは12通りの方法が取られた。1)磁界発生源からの装置までの距離、2)機器とワイヤーの遮蔽、3)ケーブルの適切な選択、4)装置の接地、5)コンジェットの方向、6)電力供給の隔離、7)入力インピーダンスのバランス化、8)シールドテクニックの適用、9)プリアンプと回路インピーダンスレベルの制御を取り入れた改善された電子装置、10)アナログ式フィルタ、11)信号の平均化、12)周波数と時間領域テクニックによるポスト習得デジタルフィルタリン

ばく露

関連論文