研究のタイプ: 医学/生物学の研究

[電磁過敏症についてのドイツ語によるアンケートの作成] tech./dosim.

[Development of a standardized questionnaire to measure EMF-related symptoms in the general population - a psychometric analysis].

掲載誌: Umweltmed Forsch Prax 2006; 11 (2): 103-113

ドイツレーゲンスブルグの住民(18-64歳)から取り出した人々(n=758)に、文献で述べられているような電磁界に曝されて何か不快感を感じるかどうかのリストの作成をお願いした。36通りのうち19通りに不定愁訴のような症状の発症割合が0.25以上であり、最も顕著なのはめまい(0.68)、日中の睡眠(0.55)、頭痛(0.56)、集中力欠如(0.55)であった。電磁過敏症に対する特別な症状はなかった。

ばく露

研究助成