研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[デンマークの電力業界作業員における白血病、脳腫瘍、乳がんの危険性:2回目の再調査] epidem.

Risk for leukaemia and brain and breast cancer among Danish utility workers: a second follow-up.

掲載誌: Occup Environ Med 2007; 64 (11): 782-784

【目的】本研究は、デンマーク全国の電力業界作業員の人口に基づく集団における白血病脳腫瘍乳がんの危険性についての研究を最新のものにする目的で行われた。【方法】年齢、就職期間、初出勤日、電磁界への職業ばく露レベルについての情報を含む多変量統計モデルが使用された。【結果】初出勤日前にがん診断されたことない3カ月より長く働いている28224被験者において、これらのがんの危険性上昇は見られなかった。【結論】結果は、電力業界作業員における磁界への職業ばく露白血病脳腫瘍乳がんの危険性との関係性についての仮説を裏付けるものとはならなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文