研究のタイプ: レビュー/メタ分析 (医学/生物学の研究)

[GSM携帯電話の放射電磁界ばく露による神経行動学的影響のメタ分析] review

A meta-analysis for neurobehavioural effects due to electromagnetic field exposure emitted by GSM mobile phones.

掲載誌: Occup Environ Med 2008; 65 (5): 342-346

背景と目的:GSM携帯電話が放出する電磁界認知機能に影響する可能性について多く研究されているが、結果は明らかでない。この問題を明確にするために、19編の実験研究をメタ分析した。方法 :19編のうち、単一盲検または二重盲検の実験デザイン、変数の平均標準偏差の記述など最低限の要求を満たした10編をメタ分析に含めた。共通の母集団とすれば、単一効果の大きさが計算可能であると仮定して、ばく露と非ばく露群を比較した。単一効果の大きさの均一性が与えられていない場合、個々の研究の母集団効果とその分布には仮定を設けた。結果 :注意力をサブストラクションタスクで測定した結果、反応時間低下という影響が示された。作業記憶をNバックテストで測定した結果、次のように影響が見られた。0バックターゲット条件下では、ばく露時に反応時間は低下し、一方、2バックターゲット条件下では反応時間は上昇した。2バック非ターゲット条件下でのエラー数はばく露時に増加するように見えた。結論 :メタ分析の結果、ヒトの注意および作業記憶に対して、EMFは小さな影響を与えるかもしれないことが示唆された。

影響評価項目

ばく露