研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (理論的研究)

[ガイダンスノート:電磁環境における医用電子機器および金属性インプラント装着労働者のリスク管理] risk

Guidance note: risk management of workers with medical electronic devices and metallic implants in electromagnetic fields.

掲載誌: Int J Occup Saf Ergon 2008; 14 (2): 217-222

多くの労働者が医用電子機器や金属インプラントを装着するようになっている。強い電磁界の産業的利用が増大しつつあり、電磁界が医用電子機器やインプラントに影響を与えることから生じる傷害リスクを管理する必要がある。この状況を踏まえて、このガイダンスノートが作成された。起きる可能性のある作用には、電磁干渉、物の移動電気刺激、接触部位の組織の加熱などが考えられる。リスク管理の枠組みに基づき、以下の助言を提供する。(a)リスクの同定:インプラント等の装着者を同定し、職場の電磁界ばく露の特性を明らかにする手順の実施。(b)リスク評価:医用電子機器の特性、インプラントの植え込み部位、産業衛生学的データ、基礎的物理原則の応用などの統合化。(c)リスクコントロール:労働者および雇用者への安全および必要な場合には職場実践の変更に関する助言。

リスクコミュニケーション

影響評価項目

ばく露

調査対象集団

worker with medical electronic devices and metallic implants.