[妊娠中の胚と胎児の無線周波放射の吸収の推定] tech./dosim.

Estimates of absorption of radiofrequency radiation by the embryo and fetus during pregnancy.

掲載誌: Health Phys 1992; 63 (2): 149-159

この論文は、母親が職業制限値で無線周波放射ばく露された時、胚、胎児のSARが、一般公衆ばく露推奨値を超えているかどうかを報告するものである。この結果を、職業、非職業的制限値として5つに分けられている2重の無線周波放射スタンダードに適用している。妊娠した労働者に簡単な非対称の幾何形状でまた、平面波ばく露を想定して、有限要素法で妊娠前のばく露を推定している。さまざまな層状の形をモデルの皮膚脂肪子宮血液、胚や胎児組織に使われた。IRPA, ANSI、SAAの現状のばく露制限値を適用して、胚、胎児に対する過度なばく露が80-100MHzで妊娠初期で起こり、妊娠後期では300-1500MHzで起こることを結果は示している。

ばく露