研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[肺がん細胞A549は極性化および活性化されたEGFRsを用いてDC電界中で指向性遊走する] med./bio.

Lung cancer A549 cells migrate directionally in DC electric fields with polarized and activated EGFRs.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (1): 29-35

この研究は、内因性直流電界(dcEF)と細胞の電気走性のメカニズムについて実験的に検討した。インビボでdcEFは、上皮の経細胞膜電位またはニューロンのフィールド電位の形で見られる。さまざまな細胞は、方向性のある移動(これを電気走性と称する)によりdcEFに応答する。しかし、dcEFが細胞移動を方向づけするメカニズムはまだ理解されておらず、肺がん細胞への影響は全く不明である。実験の結果、培養したヒト肺腺がん細胞株A549は、印加した3 V / cmのdcEFのカソードに向かって移動することが示された;蛍光顕微鏡による観察で、上皮成長因子受容体(EGFR)およびF-アクチンの両方がカソードに分極していることが示された;EGFR阻害剤であるセツキシマブ(モノクローナル抗体)およびチルホスチンAG1478は、dcEF下での移動速度および方向性のある移動を減少させた;ウエスタンブロット法により、ERKおよびAKTシグナル伝達経路がdcEFにより顕著に促進されることが示された;EGFR阻害剤によりこの促進は低下されるが、完全な低下はできなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effect of DC electric fields on migration direction (galvanotaxis) of lung cancer cells, and the role of epidermal growth factor receptors (EGFR).

詳細情報

The EGFR inhibitors cetuximab and AG1478 were used to test the possible involvement of EGFR activity in galvanotactic reaction. To explore the mechanism through which DC electric fields stimulate the migration of A549 cells, the authors investigated the involvement of EGFR downstream signaling pathways ERK and AKT.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: continuous for 2 hours

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • electric current
ばく露時間 continuous for 2 hours
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electrode
チャンバの詳細 32 mm x 8 mm x 0.12 mm glass chamber or 60 mm x 15 mm x 0.12 mm glass chamber
ばく露装置の詳細 silver/silver chloride electrodes
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 V/cm - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A549 cells migrated toward the cathode in applied DC electric fields at 3 V/cm. Both epidermal growth factor receptors and F-actin are polarized to the cathode (i.e. stronger staining of EGFRs at the cathodal side of the plasma membrane). EGFR inhibitors (cetuximab and AG1478) reduced the migration rate and directed motility in DC electric fields. ERK and AKT signaling pathways were prominently promoted by the electric field. EGFR inhibitors could reduce this promotion but not completely.
These findings suggest that polarization of EGFRs and the activation of their downstream signals play an important role in the galvanotaxis of A549 cells in DC electric fields.

研究の種別:

関連論文