研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[N-アセチルシステインによる抗酸化剤処理は反復収縮中の哺乳類骨格筋のNa + -K +-ATPase αの遺伝子発現を調節する] med./bio.

Antioxidant treatment with N-acetylcysteine regulates mammalian skeletal muscle Na+-K+-ATPase alpha gene expression during repeated contractions.

掲載誌: Exp Physiol 2008; 93 (12): 1239-1248

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露