[ELF及びTAMMEFの電磁界がヒトリンパ単球に及ぼす影響についての予備研究] med./bio.

Prelimiary studies about effects of ELF and TAMMEF electromagnetic fields on human lymphomonocytes.

掲載誌: Environmentalist 2009; 29 (2): 196-199

本論文で我々は、ELF(極低周波)または音楽的誘発のTAMMEF(音楽的変調電磁界治療応用)が、末梢血の培養性されたヒトリン単球からのリポ多糖体(LPS)によって引き起こされる腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)に及ぼす影響について研究した。献血者の淡黄色被膜から分離したリン単球が標準的方法で細胞培養フラスコに準備された。フラスコは温度と湿度を調整したCO2培養器に5日間保管された。フラスコはELF電磁界(100Hz正弦関数)またはTAMMEF電磁界(強度、周波数、波形が時間的に無作為に変更され、すべての予測されるコードが1回のばく露中に起こるようにした)にばく露された。TNF-α解離は92時間中24時間毎にELISA法で測定され、結果は非母数法で評価された。TAMMEFばく露培養物と比べてELFばく露培養物では、実験プロトコルの各期間で、LPSは強いTNF-α解離を引き起こした。これらの結果から、TAMMEFはLPS誘発性TNF-α解離、サイトカンの複素変調を引き起こす可能性があるらしいことが示された。サイトカンは、慢性または腫瘍性の炎症疾患中にそれらが解離すると、いくつかの器官系に大きな悪影響を及ぼすような前炎症性質を持つ。

ばく露