研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットにおける短期的及び長期的な50Hz電磁界ばく露のストレス関連の内分泌及び心理生理学的影響] med./bio.

Stress-related endocrinological and psychopathological effects of short- and long-term 50Hz electromagnetic field exposure in rats.

掲載誌: Brain Res Bull 2010; 81 (1): 92-99

研究目的(著者による)

慢性的なストレス状態の進行と関連した、ラット不安及び抑うつ関連の行動に対する、50Hz電磁界への短期的及び長期的な影響を調べること。

詳細情報

成獣の雄ラット(32匹、各群8匹(ばく露群2、偽ばく露群2))を超低周波電磁界(50Hz、0.5mT)に8時間/日、5日間(短期)または24時間/日、4-6週間(長期)ばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 8 hr/day on 5 days
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 24 hr/day during 6 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 8 hr/day on 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Two Helmholtz coils with a radius of 21 cm and 240 turns of 1.4 mm glaze-insulated copper wire, 21 cm apart; 35 cm x 35 cm x 17 cm plastic box with the rats placed between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 525 V/m minimum 測定値 - -
電界強度 575 V/m maximum 測定値 - -
磁束密度 0.5 mT - 測定値 - +/- 0.025 mT

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 24 hr/day during 6 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 525 V/m minimum 測定値 - -
電界強度 575 V/m maximum 測定値 - -
磁束密度 0.5 mT - 測定値 - +/- 0.025 mT

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

どちらのばく露条件も、体細胞のパラメータに影響しなかった。つまり、慢性的なストレスに対する特徴の変化(体重減少、胸腺退縮及び副腎肥大)はなかった。

このデータは、短期的な、反復的な超低周波電磁界は、ラットで調べたパラメータに関する慢性的なストレスの兆候、または不安行動症状を生じなかった。

連続的な長期ばく露後、グルコース血液レベルの上昇、下垂体前葉でのPOMC mRNAレベルの上昇、抑うつ行動に対する感受性の増強が検出された。

結論として、比較的高い強度の電磁界(ヒトのばく露平均的な強度は通常、今回の実験の強度よりも遥かに低い)への長期的、連続的なばく露は、穏やかなストレス刺激としてカウントされるかも知れず、抑うつ状態の進行または代謝障害の一要因となり得る。

研究の種別:

研究助成

関連論文