研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[頭部以外の低電圧電気接触の症例における長期症候学研究] elec. inj.

A study of long term symptomatology reported in non-head-involved low voltage electrical contacts.

掲載誌: 著者のリストなし, 2009 Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Minneapolis, MN, USA IEEE, 2009: 6522-6525, ISBN 9781424432967

この研究は、米国において、低電圧(120/240ボルト)の交流電流への接触による電撃症を負った157人の成人症例について、長期(1年超)の予後を調査した。身体上の電流流入点および流出点は特定されているものの、電流経路に関連しない未解明の症状の出現は、科学的に困惑させられるものとなっている。問題は、私たちの最高の診断技術が、傷害のメカニズムをイメージするのに十分なほど技術的に進歩していないことである。それでも、この豊富なデータから、傷害の根本的なメカニズムは非常に広い範囲に散発する性質のものであり、細胞レベルで存在する可能性が高いと、推測された。これらの問題は、10年にわたり継続されている電撃症の長期研究からの初めての今回の結果提出を通じて探索されていくであろう、と報告している。

ばく露

調査対象集団

患者

エンドポイント

ばく露