[アスベスト工場にいる労働者の肺での磁界についての研究] med./bio.

A study of magnetic field in the lung of workers in an asbestos factory.

掲載誌: Ind Health 1989; 27 (1): 9-15

アスベストにさらされている93名の男性作業員の胸部磁界を、局所部位での磁化およびフラックスゲート式のグラジオメータで測定したl。アスベストの吸入している作業員と吸引していない作業員で年齢が異なっている作業員で前胸壁での12測定ポイントで磁界数値で比較した。アスベストを吸引している作業員とX線でアスベストを吸引していると考えられる作業員での磁界強度は、吸引していない作業員と比べた高かった。また磁界強度は労働年齢と共に増すことが明らかになった。強磁性粒子を含む塵に曝されている作業員に対して、磁界のダイナミックな計測は少なくとも肺塵の量を推測する手法として使用することができ、また塵肺症予防の役に立つ。