[RF電磁界個人ばく露の欧州都市地域間比較] tech./dosim.

Comparison of personal radio frequency electromagnetic field exposure in different urban areas across Europe.

掲載誌: Environ Res 2010; 110 (7): 658-663

この研究は、日常生活における無線周波電磁界RF-EMF)への平均的な個人ばく露平均値レベル、および特定の環境における異なる発生源の寄与について、欧州の異なる国々の間での比較を行った。5ヵ国(ベルギー、スイス、スロベニア、ハンガリー、オランダ)において、同機種の個人ばく露計を用いて測定調査し、検出限界以下のデータを考慮に入れるため順序統計量のロバスト回帰法を用いて、収集したデータを分析した。家庭、公共交通機関、屋外など多様な微小環境での平均ばく露レベルを比較した。その結果、すべての国で、ばく露レベルは同程度の大きさであり、国際的なばく露限度値を十分下回っていた;オランダ以外のすべての国で、総ばく露量の最大値は交通機関(列車、自動車、バス)内で測定され、その主な原因は携帯電話機からの放射であった(最大97%);一般に、事務所や屋外より個人の家庭やアパートの内部の方がばく露レベルは低かった;家庭でのさまざまな発生源からの寄与は国によって大きく異なった、などを報告している。

ばく露