研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, observational study)

[カルナータカ州ビジャープルの男性医学生での血清脂質プロファイルを参照した生理学的および血液学的パラメータへの携帯電話ばく露の影響] med./bio.

Effect of cell phone exposure on physiologic and hematologic parameters of male medical students of Bijapur (Karnataka) with reference to serum lipid profile.

掲載誌: J Basic Clin Physiol Pharmacol 2010; 21 (2): 201-210

この研究は、健康な男性医学生を対象に、携帯電話電磁界への長期ばく露血清脂質プロファイルに与える影響、および一回の通話が心拍数血圧、経皮的動脈酸素飽和度 SpO2(%)に与える影響を調べた。学生は2群に分けられた。第1群(n = 22、年齢20.63±1.17歳)は、この研究の時点で携帯電話に触れたことのない1年生の医学生、第2群(n = 35、年齢22.00 ±1.56歳)は、この研究の前に4年間以上の携帯電話使用経験がある最終学年(4年目)の医学生で構成された。その結果、心拍数収縮血圧、SpO2(%)、血液学的パラメータのベースライン値には2群間での有意差はなかった;急性ばく露(900 MHz携帯電話での1回の1分間の通話)によって、第2群では、第1群に比べ、ピーク心拍数が有意に上昇した;また急性ばく露によって、第1群では、第2群に比べ、SpO2(%)のピーク値が有意に低下した;長期ばく露がある第2群では、第1群に比べ、血清コレステロール、VLDLコレステロール、およびトリグリセリド濃度が有意に高く、脂質プロファイルの軽度の変化が示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of long-term cell phone exposure on physiological and hematological parameters and a single call effect on heart rate, blood pressure and oxygen saturation of healthy male medical students.

詳細情報

The students were divided into two groups: group I (n=22) comprised first year medical students who never were exposed to cell phones and group II (n=35) consisted of final year (fourth year) medical students who were using cell phones for more than four years.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: 150 phone calls/month (total duration: 500 min/month) for more than 4 years
long term exposure
-
ばく露2: 900 MHz
ばく露時間: 1 min
acute exposure
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 150 phone calls/month (total duration: 500 min/month) for more than 4 years
Additional information long term exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 min
Additional information acute exposure
Additional information tri band EGSM
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Nokia handset 5310
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed no significant differences between the groups in basal heart rate, systolic blood pressure, oxygen saturation, or various hematologic parameters. Acute exposure (single call) showed a significant increase in peak heart rate in group II as compared with group I and a significant decrease in peak oxygen saturation in group I as compared with group II. Serum total cholesterol, VLDL-cholesterol, and triglycerides concentrations were significantly higher in group II (long-term cell phone use) than in group I, suggesting a mild alteration of lipid profile among group II subjects.

研究の種別:

研究助成

関連論文