研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラット肝細胞の抗酸化活性に対するHVDC送電線近傍で発生する静的高電圧電界へのばく露の影響] med./bio.

Effect of Exposure to Static, High Voltage Electric Field Generated Nearby HVDC Transmission Lines on Antioxidant Activity of Hepatocytes in Rats.

掲載誌: 著者のリストなし, PIERS Proceedings, Moscow, Russia The Electromagnetics Academy, 2009: 1092-1096, ISBN 9781934142103

この研究は、通常の高電圧直流HVDC送電線の近くで生成される強レベル静電界への長期の全身ばく露ラットに与え、ばく露後の肝臓組織ホモジネートにおけるいくつかの抗酸化酵素の活性への影響を調べた。体重180 – 200 gの8週齢の64匹のオスのウィスターアルビノラットを2群に分けた(各32匹)。両群の全動物は明暗サイクル、食餌、飲料水などすべての同じ環境条件に置いたが、ばく露群は、特別に設計された実験システムで、電界強度25 kV / mの静電界への1日8時間ばく露を連続56日間受け、対照群は同じ実験システム(電界生成なし)で擬似ばく露を同じスケジュールで受けた。ばく露(または擬似ばく露)サイクルの14日、28日、56日目、およびばく露サイクル終了から28日目にそれぞれ、8匹ずつ屠殺し、肝臓組織ホモジネートの抗酸化酵素カタラーゼグルタチオンS転移酵素グルタチオンペルオキシダーゼグルタチオン還元酵素スーパーオキシドジスムターゼ)の活性を分光光度法で測定し、マロンジアルデヒド濃度(組織での酸化プロセスの強さの指標)を測定した。その結果、ばく露群では、56日目でのグルタチオンペルオキシダーゼおよびグルタチオン還元酵素の活性の有意な上昇、14日目でのスーパーオキシドジスムターゼ活性の有意な低下、およびばく露サイクル中および終了後の両方でのカタラーゼおよびグルタチオンS-転移酵素の活性の変化(ただし有意ではない)が観察された;さらに、ばく露群では、対照群に比べ、ばく露サイクル終了から28日目でのマロンジアルデヒド濃度の有意な低下が観察された;以上の知見は、HVDC送電線の近くで発生するような強レベルの静磁界は、齧歯類の肝臓の抗酸化反応に持続的で好ましくない影響を何も引き起こさないことを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of long-term exposure to strong, static electric field generated by high voltage direct current transmission lines on activity of some antioxidant enzymes in liver homogenates of rats.

詳細情報

64 (96?; contradictory statements in the abstract and methods) male rats were divided into one/two exposure group(s) (contradictory statements) and a sham exposure group (each group n=32). At 14, 28, 56 days of exposure as well as at 28 days after exposure termination, 8 rats were killed and investigated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: continuous for 8 h/day for up to 56 days

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • electric field
ばく露時間 continuous for 8 h/day for up to 56 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electrode
ばく露装置の詳細 two round shaped electrodes with specially profiled edges placed at a distance of 50 cm from each other with the cage (containing 8 animals) between them
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 25 kV/m - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Enzyme activities of glutathione peroxidase and glutathione reductase were significantly increased in the electric field-exposed group at the 56th day of exposure and enzyme activity of superoxide dismutase significantly decreased at the 14th day of exposure. No statistically significant changes were found in the enzyme activities of catalase and glutathione S-transferase both during and after the end of exposure.
Additionally, in exposed rats a significant decrease in malondialdehyde concentration in liver homogenates at 28 days after the end of exposure was found as compared to the control group.
The authors conclude, that strong static electric fields with characteristics of those generated by high voltage direct current transmission lines do not cause any persistent unfavorable effects on antioxidant reactions in the liver of rodents.

研究の種別:

関連論文