[1.5 GHzの局所ばく露による麻酔されたラットの脳内の温度上昇及び体温調節応答のコンピュータ・モデリング] tech./dosim.

Computational modeling of temperature elevation and thermoregulatory response in the brains of anesthetized rats locally exposed at 1.5 GHz.

掲載誌: Phys Med Biol 2011; 56 (23): 7639-7657

この研究では、ラットの頭部における1.457GHzへの局所ばく露への応答としての能動的な血流の変化につながる、電磁界パワーの吸収とその結果生じる温度上昇をモデル化するため、電磁気‐温度計算コードを開発した。幼若(4週齢)と若齢(8週齢)のラットを検討し、計算コードを4週齢と8週齢のラットの測定に照らして検証した。この結果、血流速度は脳の温度と深部体温の上昇の両方に依存することが示唆された。これらのばく露条件下では、4週齢と8週齢のラットにおける熱生理学的応答に有意差は認められなかったことから、今回開発した計算モデルは、実験でのばく露条件の設定や温熱療法の治療プロトコルの立案に適用可能と結論している。