[移動体通信無線基地局の無線周波ばく露調査の国際比較分析] tech./dosim.

Comparative international analysis of radiofrequency exposure surveys of mobile communication radio base stations.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2012; 22 (3): 304-315

この研究は、5大陸の23ヵ国で2000年以降に実施された173000ヵ所以上のデータポイントにおける移動体通信用無線基地局からのばく露調査に基づき、ばく露についての各国比較、年代順のトレンド、携帯電話技術別の比較を分析した。重要な結果は、国、年、携帯電話技術に無関係に、地表面での無線信号へのばく露レベルは人体ばく露基準に比較して非常に小さいということ、さらに、3G携帯電話サービスの広範な導入以降、ばく露レベルの有意な上昇は生じていないことであると述べている。今後必要な作業として、その他の国々へ調査を拡大すること、累積ばく露分布を作成すること、ばく露レベル分布を人口のパーセンタイルで評価することを挙げている。

ばく露

この論文に対するコメント