[異なるDC磁界レベルにおける心筋細胞の一過性Ca2+上昇とAC磁界との相互関係] med./bio.

Correlation of magnetic AC field on cardiac myocyte Ca(2+) transients at different magnetic DC levels.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (8): 634-640

この実験研究の目的は、心筋細胞の一過性Ca2+上昇に対する低レベルELF磁界(WMF:15-19 Hz;0.1 Hz刻み、レベルは 250 pTから100 nTで実験)の影響とそのような影響の生理学的な解釈の探求である。細胞内の遊離カルシウムイオンをindo-1(分子プローブ)を用いて測定した結果、対照群に比べWMF群(16 Hz、40 nT)の方が75±4%低下することが示されたと報告している。その他に、このような現象にするカリウムイオンチャネルの影響(このチャネル開閉をコントロールする薬剤を用いて実験した)やイオンサイクロトロン共鳴現象に基づく静磁界(44.5-49μT)の同時ばく露の影響などについても報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露