研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波特異的熱作用は遺伝子発現に影響を与える] med./bio.

Microwave-specific heating affects gene expression.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1992; 13 (1): 75-78

この研究は、低レベルのマイクロ波放射が、大腸菌(Escherichia coli)における遺伝子発現に与える影響を敏感なモデルで調べた。その結果、先行研究で報告された、マイクロ波放射によるβ-ガラクトシダーゼ発現の増加が確認された;このような影響は、全体的加熱処理では再現されなかった;しかし、この影響は周波数に依存せず、マイクロ波特有の加熱効果(小さな熱勾配)によるものと思われた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the effects of low-level microwave irradiation on gene expression in Escherichia coli in a sensitive model.

詳細情報

The model is E. coli with a plasmid that provides the marker gene β-galactosidase.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.55 GHz
ばく露時間: 4.5 h
  • SAR: 9.4 mW/g
ばく露2: 2.55 GHz
ばく露時間: 4.5 h
  • SAR: 10.7 mW/g
ばく露3: 2.55 GHz
ばく露時間: 4.5 h
  • SAR: 9.8 mW/g
ばく露4: 2.55 GHz
ばく露時間: 4.5 h
  • SAR: 10.1 mW/g
ばく露5: 2–4 GHz
ばく露時間: 4.5 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.55 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4.5 h
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • double helical copper coils.
ばく露装置の詳細 Culture tubes placed into individual antenna which were submerged in transformer oil.
Additional information Cultures placed in in sterile 2 ml screw top cultures containing a 7 mm magnetic stirring bar.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 9.4 mW/g - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 2.55 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4.5 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10.7 mW/g - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 2.55 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4.5 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 9.8 mW/g - - - -

ばく露4

主たる特性
周波数 2.55 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4.5 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10.1 mW/g - - - -

ばく露5

主たる特性
周波数 2–4 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 4.5 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10 mW/g - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The existence of an increase in β-galactosidase expression by microwave irradiation was confirmed,- an increase not duplicated by bulk heating. The effect appeared to be due to heating effects peculiar to microwaves.
No significant differences in cell density were observed between irradiated and sham-irradiated cultures at the end of the exposure period. The results indicate that small thermal gradients may be a source of biological effects of non-ionizing radiation.

研究の種別:

研究助成