研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[静磁界はラットにビタミンD欠乏症を起こす] med./bio.

Static magnetic field induced hypovitaminosis D in rat.

掲載誌: J Vet Med Sci 2013; 75 (9): 1181-1185

この研究は、ラットの25-ヒドロキシビタミンD3およびカルシウム恒常性に対する静磁界SMF:128 mT、1日1時間、5日連続ばく露)の影響を調べた。Wister雄ラットを無作為に4群(各6匹)に分けた:対照群、SMF群、SMF+VD群(ばく露最終日のばく露終了後、経口でビタミンDを1回投与)、VD群(SMFばく露なしで、経口でビタミンDを5日連続投与)。その結果、SMF群では、血漿中の25-ヒドロキシビタミンD3レベルが低下した;カルシウムおよびリンのレベルは変化しなかった;体重、肝臓腎臓の相対重量も変化しなかった;ビタミンDの経口投与は、SMFが誘導したビタミンD欠乏状態を改善した;しかし、ビタミンDの経口投与はカルシウム恒常性に影響しなかった、と報告している。

ばく露