研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[正常ウサギ肝血管系に対するハイパサーミアの影響に関する組織学的分析] med./bio.

Histological analysis of the effect of hyperthermia on normal rabbit hepatic vasculature.

掲載誌: Cancer Res 1989; 49 (15): 4295-4297

この研究は、ウサギ肝臓脈管構造に対するハイパサーミアの影響を組織学的に調べた。3タイプの肝臓血管系(中心静脈門脈および肝細動脈)における熱誘導性の血管損傷を調べるために、ウサギ肝臓左葉を局所的に40〜46℃の範囲で30分間加熱した。8MHzの高周波ニードル型組織内アプリケータを利用した現用のハイパサーミア装置を用いた。1cm 2の領域内での損傷血管(破裂または血栓形成)のパーセンテージを3タイプの肝臓血管系について評価した。その結果、ハイパサーミア後の血管損傷は、3タイプの肝臓血管系で、処置後24時間まで持続した;中心静脈は最も熱感受性が高く、続いて門脈、肝動脈が最も熱耐性的であった;処置後24時間において50%の血管損傷を引き起こす温度は、中心静脈門脈および肝細動脈それぞれについて、41.5~42.5℃、42.5~43.5℃、および44~45℃であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of hyperthermia on rabbit hepatic vasculature histologically. The liver is a good model for investigating the vascular changes following hyperthermia because it contains 3 different types of vessels.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 8 MHz
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 8 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • An array of 5 copper needles (10 mm long, 0.5 m in diameter) fixed to a plastic board 15 mm apart.
ばく露装置の詳細 A needle type interstitial RF heating applicator was inserted into the liver.
Additional information Examined area: 10 mm x 10 mm.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 200 W maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • vascular system
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Vascular damage following hyperthermia continued up to 24 h after heating for the three types of vasculature. Central veins were the most thermosensitive followed by portal veins, whereas hepatic arterioles were the most thermoresistant. The temperature causing 50% vascular damage 24 h after heating was 41.5-42.5°C, 42.5-43.5°C, and 44-45°C for central veins, portal veins, and arterioles, respectively. This differential thermal responsiveness of hepatic vasculature may be attributed to the histological structure of the vessels.

研究の種別:

研究助成