[60 Hz磁界にばく露されたげっ歯類の免疫機能と生体防御] med./bio.

Immune function and host defense in rodents exposed to 60-Hz magnetic fields.

掲載誌: Fundam Appl Toxicol 1996; 34 (2): 228-239

<目的>マウス、ラットを60Hzの磁界に曝露し、単に個々の免疫能を測定するのではなく、一連の免疫反応を検討する。 <方法>0.02、2、10Gの60Hz正弦波にマウス、ラットを一日当たり18.5時間持続して曝露した。10Gの強度で1時間照射、1時間非照射の間欠曝露、あるいは無照射をコントロールとした。ひ臓、胸腺の重量、細胞数、抗体産生細胞(AFC)数、遅延型過敏反応(DTH)、リステリヤ感染感受性、NK細胞活性を測定した。 <結果および結論>体重、ひ臓、胸腺の重量、細胞数、AFC数、DTH、リステリヤ感染感受性(致死率、生存日数)NK細胞活性に有意の差は認めなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文