研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[覚醒中のネコ大脳皮質のカルシウム流出に対する弱い振幅変調されたマイクロ波の影響] med./bio.

Effects of weak amplitude-modulated microwave fields on calcium efflux from awake cat cerebral cortex.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1982; 3 (3): 295-307

この研究は、局所麻酔下で拘束されたネコの脳皮質からのカルシウム(事前投与された放射性同位体45Ca2 +)の流出への電磁界ばく露の影響を調べた。ばく露した電磁界は、16Hz正弦波振幅変調変調度85%)された450MHz電磁界で、電力密度3.0mW / cm2であった。ドシメトリによれば。大脳半球間裂溝での体内電界強度は33 V/ m、 SARは0.29W / kgであった。ばく露は30分間継続された。その結果、対照群と比較して、ばく露群の脳からの流出曲線は、45Ca2 +流出増加の波によって乱された;これらの波は振幅および持続時間が不規則であったが、多くは20〜30分の間出現し、ばく露終了後も続いた;確率二項分布分析によれば、ばく露群の流出曲線は、対照群とは異なる集団で構成されていることが示された(信頼水準0.96);ばく露群の約70%で、ばく露直後から約5分間、呼気終末二酸化炭素排出が増加した。しかし、低換気性高二酸化炭素血症で調べたところ、45Ca2 +流出増加が引き起こされないことから、脳のCO 2レベル上昇の副次的効果として45Ca2 +流出増加が生じたとは考えられなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possible changes of a microwave exposure on calcium efflux in cat cerebral cortex.

詳細情報

Cats were exposed in vivo to 450 MHz, sinusoidally modulated at 16 Hz for 60 minutes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: continuous for 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 60 min
Additional information semi-far field conditions in a low standing-wave field (SWR < 1.2:1 when unperturbed)
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
Modulation depth 85 %
Additional information

sinusoidal

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The horn radiator was lined and terminated with RF-absorbing material to form an anechoic chamber, seven wavelengths long.
ばく露装置の詳細 Anesthetized cats were oriented at right angles to the incident field, with the cortex of the right cerebral hemisphere being exposed.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Field exposure was initiated at different times (80 to 120 min) after completion of 45Ca2+ incubation of the cortex.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3 mW/cm² - 測定値 - -
電界強度 106 V/m - 測定値 - in air
電界強度 33 V/m mean 測定値 - in the brain
SAR 0.29 W/kg mean 測定値 - in the brain

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Calcium efflux curves obtained from exposed animals were disrupted by irregular peaks of increased calcium efflux as compared with controls. Initiation of exposure was followed by an increased CO2 level in exhaled air for about 5 min in about 70% of cases. However, increased calcium efflux could not be induced by artificial hypercapnia.

研究の種別:

研究助成

関連論文