[緑豆もやしの機能的性質に対する紫外線、パルス電界、温水、エタノール蒸気の影響] med./bio.

Effects of ultraviolet irradiation, pulsed electric field, hot water and ethanol vapours treatment on functional properties of mung bean sprouts.

掲載誌: J Food Sci Technol 2014; 51 (4): 708-714

この研究は、緑豆もやしのアスコルビン酸、総フェノール、抗酸化活性、ポリフェノールオキシダーゼ活性に対する種々の処置および保存条件の影響を調べた。緑豆もやしに、パルス電界(10,000 V、10秒間)、温水漕(50 °C、2 分間)、エタノール蒸気(1時間)、紫外線(10 kJ/ m2のクリーンベンチ、1時間)のいずれかの処置をした後、通常温(25±1 °C)または低温(7±1 °C)で保存し、貯蔵寿命が終えるまで、24時間おきに上記パラメータを分析した。結果として、エタノール蒸気が保存状態を改善したと報告している。

ばく露