[無線周波電磁界測定の試験所間比較プログラム:スキームの第二ラウンド] tech./dosim.

An interlaboratory comparison programme on radio frequency electromagnetic field measurements: the second round of the scheme.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2015; 164 (3): 316-324

この研究は、無線周波電磁界RF)測定の試験所間比較スキームの第二ラウンドである、携帯電話基地局および放送アンテナ設備の周辺での測定技能の評価法とその結果について述べている。参加試験所は、FM、VHFUHF、GSM帯の種々の信号を時間交代に送信するアンテナを設置した無響室内の電界強度を記録する。また、各試験所は自分が得た測定値から相対ばく露比を算出する。各試験所の測定データを、既知の付与したデータ(母集団)に基づくZ検定により評価した(Z値およびEn数:ばらつきおよび不確かさの母集団からのずれの指標)。各試験所の測定データの誤差の原因を議論し、各試験所の全体的測定技能を総合的な実績統計量で決定した。2つのラウンドの比較で、このスキームの必要性が明らかになった、と述べている。

ばく露