[乳がんの増殖および血管形成を遅らせるための電磁界療法の最適化] med./bio.

Optimization of a therapeutic electromagnetic field (EMF) to retard breast cancer tumor growth and vascularity.

掲載誌: Cancer Cell Int 2014; 14 (1): 125-1-125-10

この研究は、C3H/HeJマウスに移植した乳腺がん細胞16/Cの増殖および血管形成に対する電磁界EMF)療法の影響を調べた。コイル内にケージを置いて磁界(120Hzのほぼ正弦波パルス信号、10mTで1日3、10、40分の1回ばく露または40分の2回ばく露、15mTで10分の1回ばく露、20mTで10分の1回および2回ばく露ばく露を、移植した腫瘍が100 mm3に達した時点から開始し、12日間継続した。その結果、7種類のばく露パターン全てにおいて、腫瘍増殖抑制された;同様に、ばく露群では血管形成された体積の減少、壊死した体積の増加が見られた,と報告している。

ばく露