[発達期のT細胞の機能に対する無線周波電磁界の影響] med./bio.

The effects of radio-frequency electromagnetic fields on T cell function during development.

掲載誌: J Radiat Res 2015; 56 (3): 467-474

この研究は、SDラットの発達期(子宮内発達期から授乳期、幼若期までの9週間)に無線周波電磁界RF-EMF)のばく露を与え、T細胞の機能への影響を調べた。全身平均SARが0.2W/kgの2.14GHz W-CDMA信号を、1日20時間、1週間に7日間連続でばく露した。フローサイトメトリの測定結果では、末梢血細胞脾臓細胞胸腺細胞中のCD4/CD8 T細胞、活性化T細胞、制御性T細胞の数にばく露群と対照群で違いが無かった、と報告している。

ばく露

研究助成