[ニジマス(Oncorhynchus mykiss)の成長能力、自然免疫反応、生化学的パラメータ、疾病抵抗力に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Influence of extremely low frequency electromagnetic fields on growth performance, innate immune response, biochemical parameters and disease resistance in rainbow trout, Oncorhynchus mykiss.

掲載誌: Fish Physiol Biochem 2015; 41 (3): 721-731

この研究は、ニジマス(17-18g)に超低周波磁界(15Hz;磁界強度0.01、0.1、0.5、5、50µT)を1日1時間、60日間ばく露し、成長力、自然免疫反応生化学的パラメータ、疾病抵抗力への影響を調べた。その結果、ばく露群、特に0.1、0.5、5、50µTのばく露において、成長力が向上した;またいくつかの免疫学的パラメータ(赤血球凝集価、抗蛋白分解酸素など)もばく露群で上昇した;一方、アルカリホスファターゼレベルは、対照群に比べ0.01µT群と50µT群で低下した;また、サケ科感染症原因菌であるYersinia ruckeriへの耐性は、0.1、0.5、5、50µTへのばく露群で高かった、と報告している。

ばく露

関連論文