[98-2450MHzの範囲の無線周波電磁界のばく露評価およびコンプライアンス分析のために使用する個人ばく露計の人体表面上での装着位置の役割:仮想的測定による評価] tech./dosim.

The role of the location of personal exposimeters on the human body in their use for assessing exposure to the electromagnetic field in the radiofrequency range 98-2450 MHz and compliance analysis: evaluation by virtual measurements.

掲載誌: Biomed Res Int 2015: 272460

この研究は、男性人体モデルおよび有限積分法を用いて、遠方界条件で無線周波電磁界(98-2450MHz)の電界を測定する個人ばく露計の使用について数値モデル化した。その結果、256通りのばく露シナリオのモデル計算により、人体の存在が、人体のさまざま位置に装着した1台の個人ばく露計の測定結果に大きく影響することが示された(無擾乱電界での測定誤差は-96から+133%であった);背側のウエストまたは前側の胸部の位置に装着した場合にばく露評価の不確かさは低減する;装着位置に応じた補正係数を検討した;しかし、1台の個人ばく露計によるばく露評価はスポット測定によるばく露評価に比べて不確かさが大きいと報告している。

ばく露