[静磁界によるGH3細胞におけるカルシウムチャンネル活性化抑制] med./bio.

Inhibition of calcium channel activation in GH3 cells by static magnetic fields.

掲載誌: Biochim Biophys Acta Biomembr 1996; 1282 (1): 149-155

電圧で活性化されるカルシウムチャンネル機能を、GH3細胞を用いてパッチクランプ手法で調べた。ばく露は120mTで、カルシウムのピーク電流振幅は少し減少し、電流-電圧関係がシフトした。最も重要は変化はチャンネルの活性化率が遅くなったことである。チャンネル機能の変化は可逆性があり、磁界止めた後、3分間以内でばく露前の値に戻った。このようなチャネル機能変化は温度依存性があり、ここでの結果は、磁気的に誘導された膜の変形によってカルシウムチャンネルの細胞膜部分での機能的な破壊と一致している。

ばく露