研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[さまざまな周波数での脳の電気鍼療法により誘導されたc-Fosおよびc-Junの発現パターン] med./bio.

The Expression Patterns of c-Fos and c-Jun Induced by Different Frequencies of Electroacupuncture in the Brain.

掲載誌: Evid Based Complement Alternat Med 2015: 343682-1-343682-11

この研究は、ヤギの頭部の経穴(百会、三台、耳根、三陽絡)に30分間の電気鍼(EA:周波数0、2、60、100Hz)の処置を行い、処置後に痛み閾値の測定および脳組織でのc-Fosおよびc-Junの発現パターンを検査した。その結果、痛み閾値の上昇は、他の周波数に比べ60Hzで最も大きかった;脳のほとんどの鎮痛関連の神経核でc-Fosおよびc-Junの発現が上昇し、その上昇の大きさも他の周波数に比べ60Hzで最も大きかった、と報告している。

ばく露