[成長期ラットの骨端成長板に対する電磁界(1.8/0.9GHz)ばく露の影響] med./bio.

Effects of electromagnetic field (1.8/0.9 GHz) exposure on growth plate in growing rats.

掲載誌: Res Vet Sci 2016; 104: 24-29

この研究は、成長期の雄ラットの骨端成長板に対する電磁界EMF:1.8/0.9GHz)への全身ばく露の影響を調べた。2つのばく露群は、1.8または0.9GHzのEMFに2時間/日、90日間ばく露し、それぞれの擬似ばく露群はばく露なしで同じ条件におかれた。その結果、ばく露群の方が、体重および身長の増加速度が有意に大きかった;カルシウム成長ホルモンエストラジオールテストステロンのレベルが有意に高かった;大腿骨成長板のサフラニンO染色の濃さは、1.8GHzばく露群の成長板の軟骨補充帯で最も弱く、擬似ばく露群の増殖帯では強まった;1.8GHzばく露群では、骨梁帯が最も薄く、補充帯および増殖帯は他の帯より厚かった、と報告している。

ばく露

研究助成