[無線周波識別装置(RFID)のマイクロチップからの放射がヒトがん細胞に与える影響] med./bio.

Effects of radiation from a radiofrequency identification (RFID) microchip on human cancer cells.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2016; 92 (3): 156-161

この研究は、動物などの識別手段として用いられる生体植込みマイクロチップ(無線周波識別装置(RFID)からの信号を受信し、識別信号を検出器へ送信する)をがん組織植込む治療法の可能性を検討した。ヒトがん細胞(Molt-4白血病細胞、BT474乳がん細胞、HepG2肝がん細胞)にイン・ビトロでRFIDマイクロチップ放射電磁界の1時間ばく露を与え、ばく露前後での細胞数の変化を調べた。また、スピントラップ剤(N-tert-ブチル-α-フェニルニトロン)や鉄キレート剤(デフェロキサミン)での事前処置の影響も調べた。その結果、マイクロチップ放射エネルギーは、3種類のがん細胞において、細胞の死滅または増殖遅延を効果的に起こした;そのような影響はスピントラップ剤または鉄キレート剤により阻害された;一方、不活化マイクロチップまたは外部発生源エネルギーは細胞有意な影響を与えなかった、と報告している。

ばく露