[スウェーデンのストックホルム中央駅での無線周波放射とRF界への公衆ばく露に関するいくつかの医学的側面] tech./dosim.

Radiofrequency radiation at Stockholm Central Railway Station in Sweden and some medical aspects on public exposure to RF fields.

掲載誌: Int J Oncol 2016; 49: 1315-1324

この研究は、スウェーデンのストックホルム中央駅で、無線周波RF放射への公衆ばく露を測定した。駅内の各所で、RFばく露データをばく露計(EME Spy 200:88 MHz から5,850 MHzまでの22個の周波数帯別に測定)を用いて収集した。その結果、データポイント数1669の中央値は921µW/m2であった;1回の歩き回りについての平均値は2,817- 4,891µW/m2の間を変動した;測定値のほとんどは、バイオイニシャティブグループが2012年に提唱したプレコーション目標レベルである3-6µW/m2を上回った、と報告している。(JEIC注:ICNIRPガイドライン値は1.5-300GHzにおいて1mW/cm2(1µW/m2=0.0001µW/cm2)。)

ばく露