[大脳皮質でのオートファジー活性化および脳幹でのアポトーシスは835MHzのRF-EMFばく露への特異的な反応である] med./bio.

Activation of autophagy at cerebral cortex and apoptosis at brainstem are differential responses to 835 MHz RF-EMF exposure.

掲載誌: Korean J Physiol Pharmacol 2017; 21 (2): 179-188

この研究は、C57BL/6マウスへの無線周波電磁界RF-EMF:周波数835MHz、SAR=4.0W/kg)の短期ばく露(4週間)が大脳皮質および脳幹のオートファジー経路に結びつくか否かを実験的に調べた。その結果、オートファジー遺伝子およびタンパク質(LC3B-II およびベクリン1)のレベル上昇が実証され、オートファゴソームおよびオートリソソームの蓄積が皮質ニューロンで観察された;一方、アポトーシス経路は、脳幹では増強されたが、皮質では変化しなかった、と報告している。

ばく露

研究助成