[精巣組織での連続的な900MHz無線周波電磁界ばく露のプロテオミクス分析:ヒトの携帯電話ばく露のラットモデル] med./bio.

Proteomic analysis of continuous 900-MHz radiofrequency electromagnetic field exposure in testicular tissue: a rat model of human cell phone exposure.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2017; 24 (15): 13666-13673

この研究は、ラット精巣におけるタンパク質発現に対する無線周波RF電磁界へのばく露の影響を調べた。Sprague-Dawleyラット20匹を900MHzのRF電磁界に0、1、2、または4時間/日、30日間連続でばく露した。精巣タンパク質含量を高分解能の二次元電気泳動で分離した。その結果、RF電磁界ばく露後、過剰発現した2つのタンパク質スポットが認められた。4時間/日、30日間連続ばく露の後、ATP合成酵素ベータサブユニット(ASBS)および低酸素上方制御されたタンパク質1前駆体(HYOU1)の有意な上方制御が認められた。これらのタンパク質は、ラット精巣でのシグナル伝達経路精子形成に影響を及ぼし、小胞体でのタンパク質の折り畳みと分泌において重要な役割を担っている。著者らは、これらの結果は、RF電磁界ばく露は成獣において発がんリスク生殖障害に関連する精巣タンパク質を増加させることを示している、と結論付けている。

ばく露

研究助成