研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[周産期及び幼児期の環境衛生:フランス南部の周産期衛生専門家の認識、表現、知識及び実践] risk

Environmental Health in Perinatal and Early Childhood: Awareness, Representation, Knowledge and Practice of Southern France Perinatal Health Professionals.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2018; 15 (10)

この横断研究は、2017年にフランス南東部において、周産期衛生専門家の認識、表現、知識及び訓練への期待についてのアンケート調査を実施した。962人からの回答のうち、助産師が41.1%、医師が25.6%、保育園の看護師が11%であった。その結果、最も知識を習得されたトピックスは屋内/屋外の空気の質及び内分泌かく乱物質がトピックスであったが、電磁界や食生活については回答が不確かであった。全体として、周産期衛生専門家は日常的な環境ばく露に関連した生殖リスクについて、訓練も情報も十分に与えられていなかった。回答者は、少ない知識、保護者の反応への恐れ、解決策の欠如が、環境衛生に関する情報を一般公衆に提供する際の主な障壁であると報告した。これらの知見は、環境衛生に関する科学的知識に焦点を絞った訓練プログラムを構築することと、環境毒性因子への人々のばく露を緩和するための助言を周産期衛生専門家が発信するのを支援する単純なメッセージとヒントを提示することの必要性を強調するものである、と著者らは結論付けている。

リスク認知

影響評価項目

ばく露