[学校校舎付近への携帯電学校校舎付近への携帯電話基地局タワーの設置:生徒の認知衛生へのインパクト] med./bio.

Mobile Phone Base Station Tower Settings Adjacent to School Buildings: Impact on Students' Cognitive Health.

掲載誌: Am J Mens Health 2019; 13 (1): 1557988318816914

この研究は、2つの中学校の男子生徒217人(学校1:124人、学校2:93人、13-16歳)のボランティアにおける認知機能に対する携帯電話基地局からの無線周波RF電磁界ばく露のインパクトを調べた。基地局はそれぞれの校舎から200 m以内に設置されていた。学校1では、RF電磁界は925 MHzで2.010 µW/cm^2、学校2では925 MHzで10.021 µW/cm^2行能力は自動化ケンブリッジ神経心理学試験で測定した。その結果、基地局からの高いRF電磁界ばく露された生徒のグループでは、低ばく露のグループと比較して、運動スクリーニング課題(p = 0.03)及び空間作業記憶課題(p = 0.04)における有意な成績低下が認められた、と著者らは報告している。

ばく露