研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[静磁界ばく露下でのメダカの胚発生及び行動学的反応のイン・ビボ分析] med./bio.

In Vivo Analysis of Embryo Development and Behavioral Response of Medaka Fish under Static Magnetic Field Exposures.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (5): e844

この研究は、mTレベルの静磁界への長期ばく露に対する、メダカのイン・ビボでの胚発生及び行動学的反応を調べた。静磁界ばく露は孵化までの胚発生期全体を調べ、発生段階における形態学異常について24時間ごとに胚をモニタし、記録した。成魚の行動学的反応は、対照群との比較による水泳速度及び位置取りの分析により調べた。その結果、約100 mTの長期ばく露下での胚発生に対するインパクトはなかったが、ばく露下での成魚の水泳行動対照群と異なり、ばく露群はより静的で、24時間の観察中に認められた平均速度は24.6%低かった、と著者らは報告している。

ばく露