[ヒトの眼に由来する細胞における小核形成、DNA差切断、熱ショックタンパク質発現に対する5.8 GHz電磁界ばく露の影響] med./bio.

Effects of Exposure to 5.8 GHz Electromagnetic Field on Micronucleus Formation, DNA Strand Breaks, and Heat Shock Protein Expressions in Cells Derived From Human Eye.

掲載誌: IEEE Trans Nanobioscience 2019; 18 (2): 257-260

この研究は、ヒトの眼由来の角膜上皮細胞(HCE-T)を、5.8 GHz、1 mW/cm^2(国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の一般公衆に対する参考レベル値)の電磁界に24時間ばく露したところ、疑似ばく露群またはインキュベータ対照群と比較して、統計的に有意な小核形成頻度の増加は認められなかった。また、DNA差切断、熱ショックタンパク質Hsp)27、Hsp70、Hsp90αの発現にも、ばく露による統計的に有意な影響は認められなかった、と著者らは報告している。

ばく露